プロベラがもたらしてくれる良い効果について知りたいという人に知っておいてもらいたい情報を収集して行きたいと思います。

プロベラではありませんがアナボリックホルモン剤を使用する際に注意しなければならない点

2016.12.19

プロベラではありませんがアナボリックホルモン剤を使用する際に注意しなければならない点 はコメントを受け付けていません。

筋トレなどを日常的に行っていたり、ボディビルダーなどにも使用されているホルモン剤としては、アナボリックホルモン剤が挙げられます。アナボリックホルモン剤は、通常の筋トレを行っていては、絶対に不可能だと言われているほどにトレーニング効果が20倍もアップする特徴があります。

このため、使用には注意が必要であり、副作用を考慮しながら摂取していく必要があることも覚えておきましょう。

■アナボリックホルモン剤で確実に起こる症状
アナボリックホルモン剤を使用すると、必ず起こる副作用があります。それは男性ホルモン生成機能の低下です。男性ホルモンが体内中にあふれる状態になるため、これ以上はホルモンを生成する必要がないと睾丸が男性ホルモン生成をストップします。

使わなければ機能が低下するのは当然ですね。ですから、睾丸の機能が低下してしまうわけです。一時的なものですが、それでも日常的にアナボリックホルモン剤を投与し、長時間生成をさせない状況を作ってしまうと、その機能が戻らなくなる場合もありますから注意しましょう。

■使用の期間はどのくらい?
使用には注意が必要だとわかったところで、どのくらいの使用期間がベターなのか。経口薬と注射があるのですが、経口薬であれば、長くても8週間まで。最大でも12週間が限界とされています。注射の場合には12週間まででストップ。続けなければならない場合でも、最高で16週間までになります。

これ以上になると、前述にある睾丸のホルモン生成機能が低下するのは確実であり、ホルモン生成機能が元に戻らなくなるリスクが高まりますから、注意しましょう。近年では、簡単に入手が出来る状況ですが、使用の際には、しっかりとその使い方を覚えておかないと、後悔することになりかねないのです。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー