プロベラがもたらしてくれる良い効果について知りたいという人に知っておいてもらいたい情報を収集して行きたいと思います。

プロベラではありませんがアナボリックホルモン剤を使用する前に覚えておくべき男性型脱毛症のリスク

2017.01.05

プロベラではありませんがアナボリックホルモン剤を使用する前に覚えておくべき男性型脱毛症のリスク はコメントを受け付けていません。

アナボリックホルモン剤を使用すると、筋肉量が増加できるため、効率良くマッチョになれると、ボディビルダーなどが愛用しています。しかしながら、ホルモンをコントロールすることは、副作用のリスクを抱えることでもあるのです。確かな効果があるものというのは、それなりのリスクを背負うことでもありますから、しっかりと覚えておきましょう。

■男性型脱毛症を促進させてしまう
アナボリックホルモン剤を使用すると、男性型脱毛症、つまりはハゲのリスクを抱えることになります。テストステロンは筋肉の生成に役立つものであり、男性らしさを形成するために必要なものですが、ジヒドロテストステロンというホルモンにも置換されることが知られています。

このジヒドロテストステロンというホルモンは、二次性徴を担っているホルモンですから、成長期には問題ないホルモンであり、歓迎すべきものなのです。しかしながら、成人をすぎると、ハゲの原因になったり、前立腺肥大などの原因ともなるため注意が必要なのです。

アナボリックホルモン剤を摂取すると、大量にテストステロン変換がされ、同時にジヒドロテストステロン量も増えるため、ハゲになってしまうリスクを抱えることになるわけです。

■脱毛が気になっている人は特に注意
加齢などによって、若い頃よりも、毛質が細くなったと感じていたり、抜け毛が目立つようになってきたと感じているのであれば、筋トレの効率アップのためのアナボリックホルモン剤の摂取もいいですが、ハゲになるリスクを考え、摂取を控えることがオススメです。

ただ、全員にリスクがあるのではなく、頭皮にジヒドロテストステロンのレセプターが少ないという体質の方であれば、アナボリックホルモン剤を摂取してもハゲのリスクに晒されることはないので覚えておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー