プロベラがもたらしてくれる良い効果について知りたいという人に知っておいてもらいたい情報を収集して行きたいと思います。

有名メジャーリーガーも使用したプロホルモン剤とはどういうものか?

2017.01.26

有名メジャーリーガーも使用したプロホルモン剤とはどういうものか? はコメントを受け付けていません。

単純な筋肥大ではなく、運動パフォーマンスのアップを目指しているアスリートなら、アナボリックホルモン剤よりもプロホルモン剤を使用されているのではないでしょうか。メジャーリーグの歴史の中で1998年に年間ホームラン本数を新たに更新したマークマグワイヤ氏が使用していたことで話題になったアンドロステンジオン。

これもプロホルモン剤の一種だと言われており、こういったことからも、日本のアスリートもプロホルモン剤に注目をし始めた経緯があります。ここではプロホルモン剤の効果や副作用の有無について紹介していきましょう。

■プロホルモン剤とは?
プロというのは、前のものという意味があります。つまりプロホルモンとは、ホルモンになる前の物質と理解することが出来るわけです。プロホルモン剤の多くは、筋肉を強くするスーパーホルモンと言われているテストステロンに体内で変化する物質が採用されています。

プロテインやBCAAなどのように筋肉を生成する材料になるのではなく、ホルモンというのは、筋肉を合成しろという働きを行いますから、これらと一緒にしないようにしましょう。プロテインを飲んでいるから、ホルモンは必要ないなんて考えは検討違いだということです。

■プロホルモン剤に副作用はあるのか?
プロホルモン剤はホルモンという名前がついているものの、ホルモン以前の物質です。ですから、ホルモン剤を直接摂取した時のような副作用は起こらないという見解がされています。しかしながら、体内ではホルモンに変換され、ホルモン量を変化させることには変わらないため、副作用を警戒するのは当然のリスクヘッジといえるでしょう。

考えられる可能性としては、女性化をすること。皮膚に炎症や大人ニキビが出来ること。前立腺肥大などのリスクがあることを覚えておきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー